amazonは、新たに八王子にフルフィルメントセンターを建設しました。

これで国内16ヵ所目。

今はどこのセンターも人手不足で、地元行政に協力を求めて労働者を集めていますが、こうした状況も、おそらく「数年後には解雇される」であろうと、世の中の動向を見ていると感じてしまいます。

 

時代が変わるということは、誰もがもう分かっていることなので、いま私たちに必要なんことは、それに備え準備をしていくことです。

そして、その上で大事なことは、まずは「変化を受け入れる」ことだと思います。

それは、最初に変化を受け入れられないと、次の「行動」には移れないからです。

変化を受け入れるというのは、言葉でいうのは簡単ですが、これが以外と難しいところで、その理由の1つが環境だと思います。

その環境というのも、例えば、仲間同士や同じ職場の人たちだけでいるといった、比較的狭く限られた環境で、そこだけで生活していると、「変化」に疎くなっていきます。

いつものメンツで、気心が知れていて、それはそれで楽しいし、安心感があったりします。

しかし、時としてその安心感によって、時代の変化や価値の変化、周りの変化に気がつきにくくなります。一種の「平和ボケ」です。

いわゆる業界というのも、そういった狭い環境の1つだと思いますが、その中だけで情報交換をしていると、今の自分の考えや価値がナンセンスなのかどうかがわかりづらい。

みなさんも経験があるかと思いますが、子供の頃、小中高大と進学するたびに、環境が変わり人が変わると、情報も変わり周りから刺激をうけました。

また、海外へ行って戻ってくると、その違う環境に触れたことで、感性が刺激され日本の見方や考え方・価値観などが変わったりもします。

狭い環境だけにいると、世の中の変化に気付きづらくなる。そして、周りをみて安心をしてしまう。

これから「変化を受け入れる」には、今までとは違う色んなジャンル・業界の人と交流することが大切で、またそうした環境に身を置くことで、自然と新しい情報や価値観が得られるので、変化の受け入れもし易くなるのではないでしょうか。

まずは、変化を受け入れること、ここからです。

ACTION FOR KIDSファンクラブ

取り上げて欲しいテーマがございましたら、ここをクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です